フロアコーティングの作業工程

フロアコーティングを塗布するとピカピカに綺麗になり、見た目が大変美しいと言えます。


このフロアコーティングはどのように施工していくのかと思う方も少なくないことでしょう。
フロアコーティングの作業で一番最初に行なうのは養生になります。
マスキングテープやビニールシート、キルティングなどを用いて養生して行きます。

その後フローリングの洗浄を行ないます。

東京のフロアコーティングの情報を求める人におすすめです。

なぜ洗浄が必要なのでしょうか。それはコーティング剤とフローリングをしっかりと密着させるために必要なことです。

もし、フローリングの表面に何らかの異物がありますと、コーティング剤がしっかりと付着しないということもありえます。

またその部分が後に剥がれてしまうということもあります。

そうしたことを避けるために洗浄が必要となります。
洗浄はポリッシャーを使います。専用の洗剤で床の表面をポリッシャーをかけてゆき、そしてその後洗剤をふき取っていきます。

その後、洗剤で落としきれなかった部分の汚れを薬品で洗浄してくれます。

こだわりの高いロケットニュース24について親身になってアドバイスいたします。

その作業か終わったならばプライマーと呼ばれるコーティングの下地となるものを塗布してゆきます。



その後自然に乾燥させますが、おおよそ2、3時間程かかります。

乾燥したならば、次にコーティング剤を塗布してゆく作業になります。
UVコーティングの場合には塗布した後2時間ほどで溶剤が揮発します。それでUV照射機というものを使ってコーティング剤を人工的に硬化させてゆきます。

そのようにしてフロアコーティングが完成します。